投稿

キツネさん、「診療所はじめました」の巻

  11月25日 こんにちは。Kマートで買ったシーツのサイズが合わずに交換したにも関わらず、ぱっつんぱっつんでテンションだだ下がりのパンダです。Kマートのシーツはマジでおすすめしません(;'∀') 表記サイズと実際のシーツのサイズが違うという(;´Д`A ``` そんなゆるい日常を送りながら、私たちキツネとパンダは考えました。政府の義務化により働くことが制限されている(1週間後には飲食店や美容院の利用も制限される)私たちが出来ることを。むかしから自分のクリニックを持ち、自分のペースで患者さんに寄り添いたいと考えていたきつねさん。直接患者さんと会うことが出来ないというハンデはありますが、作ってみることに意義があるかも! ということで、Drきつねがこのたび電話診療クリニックを始めました(/・ω・)/ ウェブサイトも作りました! http://parkmedicalnz.com きつね電話診療のメリット☆ ・予約の必要なし ・待ち合いなし ・わざわざクリニックに行く必要なし ・比較的安い ・終始、日本語、韓国語、英語で会話が出来るのでストレスが軽減 ・ニュージーランドどこででも診察を受けることができる きつね電話診療のデメリット☆ ・医師による外科的処置を希望できない ・触診が受けられない ・face to face特有の安心感を得られない ・現在まだACCのシステムが使えない 作ったばかりなので、どれだけ需要があるかわかりませんが、毎日200人前後のコロナ感染者数を記録しているニュージーランド。traffic light systemや国境を順次開けていくことで、さらにその数は増加することが予想されます。その中でクリニックに行くこともストレスになりうるでしょう。そんな状況の中で、必要としている方たちに安心して利用してもらえたらなぁと思います(*^^*) Do what you feel in your heart to be right - for you’ll be criticised anyway. 

名前に親しみを覚えるKOMBUCHA。の巻

キツネとお惣菜と私。の巻

パンダ、アクシデントでデンティスト。の巻

パンダ、アナベる。の巻

パンダがパンを楽しむならココ。の巻

すずめはクマラがお好き。の巻

マカロンにボンジュール。の巻

パンダ、料理研究家(仮)になる。の巻