パンダによるパンダのためのロックダウン注意喚起with コプチャン、の巻

  9月15日  こんにちは。一身上の都合により、きつねさんと避難生活をしているパンダです。ただでさえオークランドはロックダウンレベル4なのに家が落ち着かないのは、けっこうきますね(;・∀・)そんな中でも色んな人の助けに支えられて、無事に生活出来ていることに感謝です☆  ここで、ロックダウン生活中でもウォーキングをしている上で気になったことをシェアします。    まずはマスクの意義です。みなさん、マスクはコロナ感染を防げる手段だと思っていますか?もちろんしないより、したほうがマシだと思いますが、N95のような医療マスクでない限り防護力は極めて低いです。では、なぜマスク着用を強く言われるのでしょう?それは自分がウイルスを保有している可能性を見越して、他人に移すことを防ぐためです。感染者がマスクをすることで他者に移すリスクはすごく低くなります。自覚症状がないまま普通に生活している人もおられるので、自分がその無自覚に当てはまるかもと考え、マスクをして外出することが1番の感染拡大を抑える手段になります。  そして、マスクをすると息苦しいのか、鼻だけ出して装着する人も見られます。これは感染予防の観点から見ても全く意味がないですし、他人に移してしまう可能性も上げています。そのため装着するときは鼻と口をちゃんと覆えるようにしましょう。  マスクは他人への配慮と思いやりの行為です。ロックダウン中にマスクを着けずに外出している人は、そうしたエチケットが欠けた人が多いので(健康上の理由などがある人もいると思いますが)なるべく避けるようにしましょう。自分がマスクを着けているから大丈夫という問題ではないのです。  次に、ソーシャルディスタンスです。一般的に2mは離れることを推奨されています。これはウイルスの飛沫距離を踏まえて計算されたものですが、風が強くふいている日や、雨の日を考えるとコンディションが変わってきます。また、エレベーターや、自分の隣をランニングで通過していく人と、2m以上の距離をとることが難しいケースも出てきます。これらの対策として、人と面と面で向き合わない体勢をとることが大事だと思います。相手の顔から背けるように身体をひるがえすようにします。こうすることがお互いの目、鼻、口からのウイルスの侵入を防ぐ手段になります。  最後にスーパーなどに行ったときの消毒です。これは自分が無

マカロンにボンジュール。の巻

 9月11日


こんにちは。なぜか金曜日という理由で、smallサイズの値段でlargeサイズのコーヒーをゲット出来、朝からちょっとハッピーだったパンダです。


今回はフランス人おすすめのマカロンを紹介していきます♪

パンダのクラスメイトに1人フランス人がいるのですが、パンダがクロワッサン愛好家だということをたまたま話しの流れで伝えたら話が盛り上がり、彼のおすすめのクロワッサンが食べれるフレンチベーカリーショップと、フランス系ではないけどマカロンが抜群に美味しいと太鼓判を押す2店を教えてくれました(/・ω・)/ クロワッサンレポはまた別の機会にしていきたいと思います(^^)v


Miann

57 Fort Street, CBD, Auckland

Ground Arthur Nathan Building, 36-38 Galway Street, Britmart, Auckland


シティに2店舗あります。1つはビーチロードに近いところに位置し、もう1つはシャネルやティファニーが並ぶブティック街の噴水近くにあります。


ウォーキングコースのためFort Streetのほうに行ってみました☆

入ると宝石のようなスイーツたち!!! 


色んな味があって悩みます!!

2つに厳選してピスタチオと・・・

ティラミスにしました(*´ω`*)


家で撮ると綺麗に写らない(TT)

ティラミスと抹茶です。


正直、実は普段あんまりマカロンにときめきを感じないパンダ。マカロンが流行っても自分から食べたいと思ったことがありませんでした。(しかもむかしマカロンをマロン=栗だと思っていた汗)。今回はせっかく本場のフランス人のおすすめなので好奇心で買ってみました(・ω・)ノ


味は・・・・・


うん!美味しいです☆正直に言うと、そんなやみつきになる感じではありませんが、ティラミスもしっかりマスカルポーネとコーヒーのティラミスの味がしたし、ピスタチオも全然ぼやけずナッツ特有のこおばしさもあって美味しかったです。そして、サクっモチ の法則。1個でも十分満足できる、言うなれば最中のようなお茶請け的な雰囲気を感じました♪


☆ここでさらっとマカロンの歴史・・・

フランスを代表とするお菓子ですが、発祥地には諸説あり「イタリア発祥説」「8世紀フランスのコルムリー修道院で初めて考案された説」などがあります。フランスの色々な地方で独特のマカロンがありますが、使われている素材は基本、卵白、砂糖、アーモンド。

日本には江戸時代に伝えられます。このときのマカロンはロレーヌ地方、ナンシーのマカロン・ド・ナンシーのもので、表面がひび割れたクッキーのような素朴なもの。そばボーロみたいなやつですかね?これが当時マコロンという名前で親しまれました。特徴はアーモンドの代わりにピーナッツを使っているところ。他にもココナッツを使ったマカロン・ココなど、日本では駄菓子のジャンルで扱われてきました。

ちなみに、日本人にもなじみ深い、私たちがマカロンと呼んでいるものの正式名称は「マカロン・パリジャン」。生地のまわりに、ピエと呼ばれる足がついているのも特徴。中にはしっとりとしたアーモンドクリームが入っています。


パンダにとってmiannは1年に1回行くか行かないか、久しぶりに会った友達と夕食後に行く、いうなればちょっと敷居の高い特別なお店でした。その中でもマカロンをまともにちゃんと食べたことがなかったので、今回食べれて美味しさを知れて良かったです(*´з`) 1つ$3と少々お値段がはりますが、マカロン好きの女子はもちろん男子にもおすすめです♪


以上、マカロン1個でフラットホワイトを1杯楽しんだパンダでした。


Do not throw your pearls to pigs!


コメント