パンダによるパンダのためのロックダウン注意喚起with コプチャン、の巻

  9月15日  こんにちは。一身上の都合により、きつねさんと避難生活をしているパンダです。ただでさえオークランドはロックダウンレベル4なのに家が落ち着かないのは、けっこうきますね(;・∀・)そんな中でも色んな人の助けに支えられて、無事に生活出来ていることに感謝です☆  ここで、ロックダウン生活中でもウォーキングをしている上で気になったことをシェアします。    まずはマスクの意義です。みなさん、マスクはコロナ感染を防げる手段だと思っていますか?もちろんしないより、したほうがマシだと思いますが、N95のような医療マスクでない限り防護力は極めて低いです。では、なぜマスク着用を強く言われるのでしょう?それは自分がウイルスを保有している可能性を見越して、他人に移すことを防ぐためです。感染者がマスクをすることで他者に移すリスクはすごく低くなります。自覚症状がないまま普通に生活している人もおられるので、自分がその無自覚に当てはまるかもと考え、マスクをして外出することが1番の感染拡大を抑える手段になります。  そして、マスクをすると息苦しいのか、鼻だけ出して装着する人も見られます。これは感染予防の観点から見ても全く意味がないですし、他人に移してしまう可能性も上げています。そのため装着するときは鼻と口をちゃんと覆えるようにしましょう。  マスクは他人への配慮と思いやりの行為です。ロックダウン中にマスクを着けずに外出している人は、そうしたエチケットが欠けた人が多いので(健康上の理由などがある人もいると思いますが)なるべく避けるようにしましょう。自分がマスクを着けているから大丈夫という問題ではないのです。  次に、ソーシャルディスタンスです。一般的に2mは離れることを推奨されています。これはウイルスの飛沫距離を踏まえて計算されたものですが、風が強くふいている日や、雨の日を考えるとコンディションが変わってきます。また、エレベーターや、自分の隣をランニングで通過していく人と、2m以上の距離をとることが難しいケースも出てきます。これらの対策として、人と面と面で向き合わない体勢をとることが大事だと思います。相手の顔から背けるように身体をひるがえすようにします。こうすることがお互いの目、鼻、口からのウイルスの侵入を防ぐ手段になります。  最後にスーパーなどに行ったときの消毒です。これは自分が無

すずめはクマラがお好き。の巻

 9月15日


こんにちは。結婚生活2年目、他人との共同生活に限界を感じ始めているパンダです(笑)


2人でいると助け合えることが多いのも確かですが、価値観、文化が違うと必ず不満と妥協の繰り返しになりますよね・・・。ほんと結婚40年、50年のベテラン夫婦のみなさんが眩しいです(ToT)


さて、気を取り直して今回は友達シェフが働いているカフェの紹介です。


Little Sister Cafe

91 Central Park Drive, Henderson, Auckland


車でシティから15分ほどに位置しています。オフィスビルがまわりにあり、バイブルカレッジのLaidlaw Collegeも近くにあります。


中に入るとウインドウケースにはお花があしらわれた色々な種類のお菓子や、キッシュなどの軽食があります。


スイーツたちのアップ。1つがけっこう大きく、甘くて食べ応えがあります。そして言わなくても美味しいです(*´ω`*)


反対サイドにはクッキーやスコーンが。こちらは硬めのお菓子でかためてるのかな?


ランチで来たので、パンダは珍しくハンバーガーを頼みました♪

バンズが黒くてお洒落です。中のビーフもやわらかく、照り焼きっぽく煮込まれていて、いっしょに入っているマヨネーズベースのリンゴサラダと相性良く、美味しかったです(^^)v 付け合わせのクマラチップスもめっちゃ薄くて軽く無心で食べました。途中、風に数枚飛ばされて、それをすずめに奪われました(;´・ω・)


ジャークチキン。タピオカ粉であげてある唐揚げのようなチキンです。

野菜がカラフルで良い感じに映えます(*'ω'*) 食べてないですがきつねさんは美味しいと言っていました☆



以上、人生山あり谷ありだけど、久々のハンバーガーを堪能したパンダでした。


Tough times bring opportunity !


コメント

  1. とりあえず、クリームドーナツ食べたい

    返信削除
    返信
    1. とりあえずクリームドーナツとは通ですね( ̄ー ̄)旨いですよね☆

      削除

コメントを投稿