丑年☆パンダ、牛と過ごす。の巻

  1月4日 こんにちは。明けましておめでとうございます。 年末年始はありがたいことに、普段会わない人を含め、たくさんの人と時間を過ごすことが出来ました(^^) ワクチンを打たないと決めてから人との交流も半ば諦めていたため、今のこの(人と定期的に会うという)状況に戸惑いを感じつつ感謝です!! そんな年末の中で、2021年最初で最後(笑)の友達と行った旅行をアップします(=゚ω゚)ノ Pakiri シティから北に車で1時間21分。車の混み具合にもよりますが、私たちの場合、途中4台連続の玉突き事故があったため、1時間遅れでアコモデーションに到着しました(;^_^A アセアセ・・・ 到着そっこーアコモデーションのすぐ目の前に牛がいるという・・・(笑) もはや牧場の中の片隅にアコモデーション。 ときおりモーモー聞こえます(・ω・)ノ さっそくBBQ(∩´∀`)∩ BBQ奉行が揃っているので、なんの心配もなくおっちんして待たせて頂きました♪ 出発前、アコモデーションにBBQセットがない疑惑がありましたが、デッキにふつうに設置されていたのでよかったです(^-^; BBQ奉行たちの作品。 きつねさんが無理くり購入したネギも素敵なタレに変身させてくれました☆ 別名:飲み旅。 翌日はきつねさん主催の聖餐式(communion) 美味しいパンと美味しい赤ワインを6人の弟子で、イエス様の血と身体として噛みしめました☆ からのブランチ。毎食ごとに違うシェフが作る方式になっています(*´з`) カフェやん! 美味しくて、たくさんのフルーツと野菜も合わさって、お洒落な気分で1日がスタート出来ました(*ノωノ) なんだかんだ天気と相談してたらお昼をゆうに越すという・・・。それでもNZの夏は日が長いので問題なし!アコモデーションから車で20分のTe Arai beachに来ました(=゚ω゚)ノ 日本人には忘れがたい名前のテアライビーチ( ´艸`) サーフスポットらしく、定期的に波が均等にきて、マリンスポーツが思う存分楽しめるビーチです。インドア派のきつねさんもこの日は、17年ぶりにボディーボードを楽しみました☆ 思い出が出来たビーチを後にし、次なるシェフのディナー☆ BBQ台、大活躍です♪ ナチョス。ナイス(/・ω・)/ 泳いでないのに、お腹めっちゃ空いてるわけじゃないのに、美味しすぎてパンダもも

タンポポを摘みに行きましよう、の巻。

 11月24日


こんにちは。今日は久しぶりに学校の友達とチャイニーズレストランに行って、お腹限界まで食べて苦しいパンダです。うぷうぷなりすぎてきつねさんにボトルごとミルクぶち込まれそうになりました(笑) 辛いものをたらふく食べて、胃酸が逆流しそうなときはミルクで中和しましょう(・ω・)ノ


本題に入る前に。

以前バリスタの友達が淹れてくれた一杯です。何に見えますか??(*'ω'*)私には高級松茸に見えます(`・ω・´) なんとも言えないフォルムが素敵すぎてパシャリ!



今回紹介するのは、シティにあるラーメンレストランです。


Tanpopo Ramen City

13 Anzac Avenue, Auckland CBD


クイーンストリートを下ってビーチロードからアンザックアベニューにちょっと入ったところに位置します。


パンダは珍しく豚骨みそラーメンを頼みました。

味は豚骨よりも味噌が勝っています!濃厚な味噌って感じです。ちょっと味噌汁を思い出します(笑) 味噌に飢えていたので美味しくいただきました♪


きつねさんの豚骨醤油ラーメン。

チャーシューと卵を追加したのですが、卵は完熟だったので半熟好きのきつねさんにはちょっと残念(^^; チャーシューはこれでもかっというほど入っていたので、チャーシュー好きの方には満足のいくトッピングだと思います(=゚ω゚)ノ

味は醤油と豚骨のバランスがとれていて美味しかったです♪ ただ・・・けっこうしょっぱいのでスープはほどほどに飲んだほうがいいかと(;^_^Aお酒のあとにはたまらないラーメンです(笑)


ラーメンをおかずに白ごはんを食べるきつねさん( ゚Д゚)


タンポポは細麺好きに愛される傾向のあるラーメン屋さんです。シティにある店が本店でパクランガにも支店を構えています(^^)v お値段も$13~とリーズナブルに展開しており、トッピングなどで値段が上がっていく感じです。パンダの一押しポイントとしましてはお酒が安い!!ビールやワインが$6~で飲めます(/・ω・)/ニュージーで人気のオリオンビールも$8で飲めます♪ この日は家に冷やしていたビールがあったのでラーメンだけ食べて帰りました(*´з`)


以上、5年ぶりくらいにたんぽぽと再会したパンダでした。でも実は太麺好き(笑)


Boys be ambitious.



コメント