パンダによるパンダのためのロックダウン注意喚起with コプチャン、の巻

  9月15日  こんにちは。一身上の都合により、きつねさんと避難生活をしているパンダです。ただでさえオークランドはロックダウンレベル4なのに家が落ち着かないのは、けっこうきますね(;・∀・)そんな中でも色んな人の助けに支えられて、無事に生活出来ていることに感謝です☆  ここで、ロックダウン生活中でもウォーキングをしている上で気になったことをシェアします。    まずはマスクの意義です。みなさん、マスクはコロナ感染を防げる手段だと思っていますか?もちろんしないより、したほうがマシだと思いますが、N95のような医療マスクでない限り防護力は極めて低いです。では、なぜマスク着用を強く言われるのでしょう?それは自分がウイルスを保有している可能性を見越して、他人に移すことを防ぐためです。感染者がマスクをすることで他者に移すリスクはすごく低くなります。自覚症状がないまま普通に生活している人もおられるので、自分がその無自覚に当てはまるかもと考え、マスクをして外出することが1番の感染拡大を抑える手段になります。  そして、マスクをすると息苦しいのか、鼻だけ出して装着する人も見られます。これは感染予防の観点から見ても全く意味がないですし、他人に移してしまう可能性も上げています。そのため装着するときは鼻と口をちゃんと覆えるようにしましょう。  マスクは他人への配慮と思いやりの行為です。ロックダウン中にマスクを着けずに外出している人は、そうしたエチケットが欠けた人が多いので(健康上の理由などがある人もいると思いますが)なるべく避けるようにしましょう。自分がマスクを着けているから大丈夫という問題ではないのです。  次に、ソーシャルディスタンスです。一般的に2mは離れることを推奨されています。これはウイルスの飛沫距離を踏まえて計算されたものですが、風が強くふいている日や、雨の日を考えるとコンディションが変わってきます。また、エレベーターや、自分の隣をランニングで通過していく人と、2m以上の距離をとることが難しいケースも出てきます。これらの対策として、人と面と面で向き合わない体勢をとることが大事だと思います。相手の顔から背けるように身体をひるがえすようにします。こうすることがお互いの目、鼻、口からのウイルスの侵入を防ぐ手段になります。  最後にスーパーなどに行ったときの消毒です。これは自分が無

タンポポを摘みに行きましよう、の巻。

 11月24日


こんにちは。今日は久しぶりに学校の友達とチャイニーズレストランに行って、お腹限界まで食べて苦しいパンダです。うぷうぷなりすぎてきつねさんにボトルごとミルクぶち込まれそうになりました(笑) 辛いものをたらふく食べて、胃酸が逆流しそうなときはミルクで中和しましょう(・ω・)ノ


本題に入る前に。

以前バリスタの友達が淹れてくれた一杯です。何に見えますか??(*'ω'*)私には高級松茸に見えます(`・ω・´) なんとも言えないフォルムが素敵すぎてパシャリ!



今回紹介するのは、シティにあるラーメンレストランです。


Tanpopo Ramen City

13 Anzac Avenue, Auckland CBD


クイーンストリートを下ってビーチロードからアンザックアベニューにちょっと入ったところに位置します。


パンダは珍しく豚骨みそラーメンを頼みました。

味は豚骨よりも味噌が勝っています!濃厚な味噌って感じです。ちょっと味噌汁を思い出します(笑) 味噌に飢えていたので美味しくいただきました♪


きつねさんの豚骨醤油ラーメン。

チャーシューと卵を追加したのですが、卵は完熟だったので半熟好きのきつねさんにはちょっと残念(^^; チャーシューはこれでもかっというほど入っていたので、チャーシュー好きの方には満足のいくトッピングだと思います(=゚ω゚)ノ

味は醤油と豚骨のバランスがとれていて美味しかったです♪ ただ・・・けっこうしょっぱいのでスープはほどほどに飲んだほうがいいかと(;^_^Aお酒のあとにはたまらないラーメンです(笑)


ラーメンをおかずに白ごはんを食べるきつねさん( ゚Д゚)


タンポポは細麺好きに愛される傾向のあるラーメン屋さんです。シティにある店が本店でパクランガにも支店を構えています(^^)v お値段も$13~とリーズナブルに展開しており、トッピングなどで値段が上がっていく感じです。パンダの一押しポイントとしましてはお酒が安い!!ビールやワインが$6~で飲めます(/・ω・)/ニュージーで人気のオリオンビールも$8で飲めます♪ この日は家に冷やしていたビールがあったのでラーメンだけ食べて帰りました(*´з`)


以上、5年ぶりくらいにたんぽぽと再会したパンダでした。でも実は太麺好き(笑)


Boys be ambitious.



コメント