パンダによるパンダのためのロックダウン注意喚起with コプチャン、の巻

  9月15日  こんにちは。一身上の都合により、きつねさんと避難生活をしているパンダです。ただでさえオークランドはロックダウンレベル4なのに家が落ち着かないのは、けっこうきますね(;・∀・)そんな中でも色んな人の助けに支えられて、無事に生活出来ていることに感謝です☆  ここで、ロックダウン生活中でもウォーキングをしている上で気になったことをシェアします。    まずはマスクの意義です。みなさん、マスクはコロナ感染を防げる手段だと思っていますか?もちろんしないより、したほうがマシだと思いますが、N95のような医療マスクでない限り防護力は極めて低いです。では、なぜマスク着用を強く言われるのでしょう?それは自分がウイルスを保有している可能性を見越して、他人に移すことを防ぐためです。感染者がマスクをすることで他者に移すリスクはすごく低くなります。自覚症状がないまま普通に生活している人もおられるので、自分がその無自覚に当てはまるかもと考え、マスクをして外出することが1番の感染拡大を抑える手段になります。  そして、マスクをすると息苦しいのか、鼻だけ出して装着する人も見られます。これは感染予防の観点から見ても全く意味がないですし、他人に移してしまう可能性も上げています。そのため装着するときは鼻と口をちゃんと覆えるようにしましょう。  マスクは他人への配慮と思いやりの行為です。ロックダウン中にマスクを着けずに外出している人は、そうしたエチケットが欠けた人が多いので(健康上の理由などがある人もいると思いますが)なるべく避けるようにしましょう。自分がマスクを着けているから大丈夫という問題ではないのです。  次に、ソーシャルディスタンスです。一般的に2mは離れることを推奨されています。これはウイルスの飛沫距離を踏まえて計算されたものですが、風が強くふいている日や、雨の日を考えるとコンディションが変わってきます。また、エレベーターや、自分の隣をランニングで通過していく人と、2m以上の距離をとることが難しいケースも出てきます。これらの対策として、人と面と面で向き合わない体勢をとることが大事だと思います。相手の顔から背けるように身体をひるがえすようにします。こうすることがお互いの目、鼻、口からのウイルスの侵入を防ぐ手段になります。  最後にスーパーなどに行ったときの消毒です。これは自分が無

パンダ、ショートケーキにショート寸前。の巻

 12月24日


こんにちは。メリークリスマスイブですね!1年で1番わくわくするパンダです。

きつねさんが職場からクリスマスプレゼントを頂いて帰ってきました(/・ω・)/

そのうちの1つのチョコレート。知り合いが経営しているケーキ屋さんのチョコレートです☆


中は宝石のようなチョコレートたちが綺麗に並んでします(*´ω`)

クリスマスカラーにちなんでるんでしょうか?赤がビターチョコのガナッシュ、緑がジンジャーのグラッセ、白がリキュールの効いたバニラのガナッシュが入っていておもしろいです♪そして美味しい!!



ニュージーのクリスマスではチョコレートをもらう機会がすごく多く、めちゃくちゃテンションあがります(笑) しかし、日本のようにショートケーキなどのケーキを食べる習慣がなく、ショートブレッドやフルーツミンスパイ、パブロバがパーティーでよく見かけます。


ふだんあまりケーキ食べたい!!とならないパンダですが、今年はコロナの影響で日本に帰れないことも重なり、無性にショートケーキが食べたくなってしました(´-∀-`;)日本にいるときはもっぱらチョコレートケーキ派でスポンジも生クリームもチョコを選んでしたのですが、今はめちゃくちゃショートケーキが食べたいです(笑)


それなら自分で作ればいいじゃん!と思われるかと思うのですが、我が家には小麦粉がありません(笑) このためだけにあの大量売りの小麦粉を買うのもなぁと思うのと、やっぱり手作りでは出せないふわふわのスポンジとイチゴとクリームのハーモニーを堪能したいのです( `ー´)ノ


さてここでみなさん、ショートケーキは英語だと思いますか?実はみんなが目にしている日本のショートケーキは日本で作られたものだったんです!もともとイギリスでショートブレッドにクリーム(アイシング?)やフルーツを挟んで食べられていたものから変化させたみたいです。だからショート(=ショートブレッド)ケーキという名前になったんですね。なので外国の方に英語だと思ってショートケーキと言っても伝わらないという(笑) 韓国にも同じタイプのケーキがあるのですが、ショートケーキと言わず、”ケーキ”と言うみたいです( ゚Д゚)まさにショートケーキはケーキのシンボル!!


脱線しましたが、ニュージーで日本のショートケーキを手に入れるには日本のベーカリーに行くしかないと思いインターネットを駆使して探しました('◇')ゞ。なんと値段が$50~60Σ( ̄□ ̄|||)そんなに大きくないのにですよ??!いちご旬なのにですよ??!気を取り直して日本のケーキと味が似ている韓国の某有名ベーカリーで値段を調べることに。こちらも安くなって$52・・・。そして小さい(´Д⊂ヽ


もう妥協して$52買おうかしら、と思っていたそのとき!シティ真ん中のもう1つの韓国ベーカリーのケーキたちが$10ディスカウントされていました!!ディスカウントされてイチゴのショートケーキが$40。大きさも小さすぎず3日楽しめそうです( *´艸`)


どちらも生クリームが使われています。右は中に桃、左は中にイチゴが入っています。めっちゃ悩んだあげく王道のイチゴショートケーキが食べたいと思い、左に決めました♪


店頭にディスプレイされていたものではなく、あらかじめ箱に入れてスタンバイしていた模様。

日差しで溶けないようせっせと持って帰ってきました♪


蓋を開けてみました~~~♪


箱から出すとこんな感じ。

いちごの草がちょっと残念ですが、すごく綺麗です(*^^*)


今日の1カット☆

生地がすごくふわふわして美味しかったです!!クリームも甘すぎずイチゴとの相性抜群でした(*´ω`*) 重くなかったのでペロッと3口くらいで食べられました(笑)


中はあんまりイチゴ入ってないやん!と最初思ったのですが側面にあるイチゴで十分満足できます♪


側面こんな感じ。


きつねさんが黄色い生クリームにびっくりしていましたが、日本の生クリームに比べてニュージーの生クリームはチーズのような黄色さが特徴です。市販の生クリームも黄色いので製造工程が日本と違うのかな?と思います。また日本に比べてどんなに泡立てても柔らかい気がします。家で作ると時間差で溶けます(;・∀・)味はさすが乳製品大国だけあって美味しいです☆


1年ぶりのショートケーキを堪能して年納めを感じたパンダでした。


We wish you a merry Christmas and a happy new year.


コメント