パンダによるパンダのためのロックダウン注意喚起with コプチャン、の巻

  9月15日  こんにちは。一身上の都合により、きつねさんと避難生活をしているパンダです。ただでさえオークランドはロックダウンレベル4なのに家が落ち着かないのは、けっこうきますね(;・∀・)そんな中でも色んな人の助けに支えられて、無事に生活出来ていることに感謝です☆  ここで、ロックダウン生活中でもウォーキングをしている上で気になったことをシェアします。    まずはマスクの意義です。みなさん、マスクはコロナ感染を防げる手段だと思っていますか?もちろんしないより、したほうがマシだと思いますが、N95のような医療マスクでない限り防護力は極めて低いです。では、なぜマスク着用を強く言われるのでしょう?それは自分がウイルスを保有している可能性を見越して、他人に移すことを防ぐためです。感染者がマスクをすることで他者に移すリスクはすごく低くなります。自覚症状がないまま普通に生活している人もおられるので、自分がその無自覚に当てはまるかもと考え、マスクをして外出することが1番の感染拡大を抑える手段になります。  そして、マスクをすると息苦しいのか、鼻だけ出して装着する人も見られます。これは感染予防の観点から見ても全く意味がないですし、他人に移してしまう可能性も上げています。そのため装着するときは鼻と口をちゃんと覆えるようにしましょう。  マスクは他人への配慮と思いやりの行為です。ロックダウン中にマスクを着けずに外出している人は、そうしたエチケットが欠けた人が多いので(健康上の理由などがある人もいると思いますが)なるべく避けるようにしましょう。自分がマスクを着けているから大丈夫という問題ではないのです。  次に、ソーシャルディスタンスです。一般的に2mは離れることを推奨されています。これはウイルスの飛沫距離を踏まえて計算されたものですが、風が強くふいている日や、雨の日を考えるとコンディションが変わってきます。また、エレベーターや、自分の隣をランニングで通過していく人と、2m以上の距離をとることが難しいケースも出てきます。これらの対策として、人と面と面で向き合わない体勢をとることが大事だと思います。相手の顔から背けるように身体をひるがえすようにします。こうすることがお互いの目、鼻、口からのウイルスの侵入を防ぐ手段になります。  最後にスーパーなどに行ったときの消毒です。これは自分が無

パンダ、"Soul"で夜景を楽しむ。の巻

 12月22日


こんにちは。きつねさんによる虫警報により地べたお座り禁止令が出ているパンダです。ちゃぶ台でブログを書くのが好きだったのですがダイニングテーブルでの生活を余儀なくされています(;´・ω・)


今回はこの前きつねさんとともに、友達に連れて行ってもらったハーバーのレストランの紹介をしていきたいと思います。


Soul Bar & Bistro

Lower Hobson Street, Customs Street West, and Auckland 1143


バイアダクトのお洒落なレストランが密集しているうちの一角にあります。


ここらへんのレストランでは新鮮で美味しい牡蠣が食べられます( *´艸`)

真ん中は玉ねぎと酢のソースです。ニュージーのお店ではよく付いてくる人気のソースです(^^)v

だがしかーし!シンプル好きのパンダはそのままかレモンでいただきました(笑)プリプリで美味しかったです♪


シーザーサラダと白身魚の串焼き。

串焼きが付いているのが斬新でおもしろい!!野菜もシャキシャキでわりとボリュームがあって美味しかったです(*^^*)


ヤンニョムチキン!!

あー!!だからSoul(ソウル)か(゚д゚)!お高めレストランだけあって本場のチキンより小盛で提供されましたが外はさっくり、中は柔らかくて美味しかったです☆


デザートにポートワインを頂きました☆

すごく濃厚で甘くほのかに抜けるアルコール、美味しかったです(*´з`)


友達が頼んだオレンジのフォンダンショコラ。

レポのため一口頂きました(笑) オレンジの風味が最後に鼻から抜ける感じでしつこくなく、チョコもしっかりしていて美味しかったです(*´ω`*)


きつねさんのグルテンフリー、デイリーフリーデザート。ジェラート盛り合わせです(・ω・)ノ

バジル、ベリー、マンゴー、ココナッツ(だったかな?(笑))友達ときつねさんはバジルを楽しんでいました☆めっしゃバジルなんだけどなぜか美味しい(*_*;(笑) ココナッツはあんまりココナッツ感がなく練乳のような甘さでした(;^_^A


初めて行ったお店でしたがメニュー選びに躊躇してしまうほど普段私たちが行くお店とは価格設定が違い、焦りました(笑)がどれも美味しかったです(*ノωノ) そして景色がすごく良くまわりのお客さんもワイン片手に語らう姿はお洒落でした☆ 私たちもそう見えてたのかしら・・・(笑)


以上、お腹いっぱいと言いながら全て平らげたパンダでした。


Joy is the holy fire that keeps our purpose warm and our intelligence aglow.

コメント