パンダによるパンダのためのロックダウン注意喚起with コプチャン、の巻

  9月15日  こんにちは。一身上の都合により、きつねさんと避難生活をしているパンダです。ただでさえオークランドはロックダウンレベル4なのに家が落ち着かないのは、けっこうきますね(;・∀・)そんな中でも色んな人の助けに支えられて、無事に生活出来ていることに感謝です☆  ここで、ロックダウン生活中でもウォーキングをしている上で気になったことをシェアします。    まずはマスクの意義です。みなさん、マスクはコロナ感染を防げる手段だと思っていますか?もちろんしないより、したほうがマシだと思いますが、N95のような医療マスクでない限り防護力は極めて低いです。では、なぜマスク着用を強く言われるのでしょう?それは自分がウイルスを保有している可能性を見越して、他人に移すことを防ぐためです。感染者がマスクをすることで他者に移すリスクはすごく低くなります。自覚症状がないまま普通に生活している人もおられるので、自分がその無自覚に当てはまるかもと考え、マスクをして外出することが1番の感染拡大を抑える手段になります。  そして、マスクをすると息苦しいのか、鼻だけ出して装着する人も見られます。これは感染予防の観点から見ても全く意味がないですし、他人に移してしまう可能性も上げています。そのため装着するときは鼻と口をちゃんと覆えるようにしましょう。  マスクは他人への配慮と思いやりの行為です。ロックダウン中にマスクを着けずに外出している人は、そうしたエチケットが欠けた人が多いので(健康上の理由などがある人もいると思いますが)なるべく避けるようにしましょう。自分がマスクを着けているから大丈夫という問題ではないのです。  次に、ソーシャルディスタンスです。一般的に2mは離れることを推奨されています。これはウイルスの飛沫距離を踏まえて計算されたものですが、風が強くふいている日や、雨の日を考えるとコンディションが変わってきます。また、エレベーターや、自分の隣をランニングで通過していく人と、2m以上の距離をとることが難しいケースも出てきます。これらの対策として、人と面と面で向き合わない体勢をとることが大事だと思います。相手の顔から背けるように身体をひるがえすようにします。こうすることがお互いの目、鼻、口からのウイルスの侵入を防ぐ手段になります。  最後にスーパーなどに行ったときの消毒です。これは自分が無

冷麺を食べるのは・・今でしょ!の巻

 2月23日


こんにちは。最近日が沈むのが30分早くなり、夏の終わりを少しずつ感じているパンダです。季節の中で1番好きな夏が終わるのはさみしいですが、火傷するような焦さんばかりの太陽光に苦戦していたのでこの戦いからしばしお別れできるのはありがたいです(;´∀`)



最近きつねさんがLEGOにハマっているので、ダイソーでレゴっぽいものを購入(笑)

ものの数分で作っていました。そしてこちらのライオン、下顎が動くんです!! やるな!ダイソー( `ー´)ノ



今回紹介するのは我らの行きつけである韓国レストランです。


Ah Ssak

472 Queen Street, Auckland 1010


クイーンストリートの上のほうに位置します。並びには中華や日本レストラン、フランス料理もあります。

夏といえば冷麺!!

パンダは年中問わず食べるくらい大好きです( *´艸`)ここの冷麺はお肉が入っておらずベジタリアンメニュー。さっぱり食べられます♪


ここのサイドディッシュ(無料つきだし)は今まで食べた韓国料理屋さん(ニュージーランド内)で1番クオリティが高く美味しいです!!そして無料で1回おかわりもできます(^^)v 左上からキムチ(浅漬け風)、じゃがいもの煮っ転がし、キムチ、出汁巻きたまご(グリーンピース入り)です。


右のチキンはプレーンのフライドチキンです。サクサクジューシーです。


みんながみんな美味しいというカムジャタン。

カムジャタンだけどじゃがいもは入っていません(笑)ゴマの風味が強い豚骨スープにゴロっと骨付き豚がホロホロに煮込まれて入っています。全然辛くないので辛いのが苦手な人にもおすすめです☆もし辛さを強めたかったら店員さんが唐辛子パウダーをくれます(笑)


アサックの意味は韓国語で美味しさの擬音語なのだとか。名前の通り何を頼んでも美味しいし、量もすごくボリュームがあってコスパ最高です!!そしてシェフが2人しかいないのに料理提供時間も短いです(@ ̄□ ̄@;)!! 最近行ってないしまた行きたいなぁ・・・☆



以上、胃の調子は悪くてもがっつりしたものは食べたいパンダでした。



In the end, it’s not the years in your life that count.

It’s the life in your years.

コメント