パンダによるパンダのためのロックダウン注意喚起with コプチャン、の巻

  9月15日  こんにちは。一身上の都合により、きつねさんと避難生活をしているパンダです。ただでさえオークランドはロックダウンレベル4なのに家が落ち着かないのは、けっこうきますね(;・∀・)そんな中でも色んな人の助けに支えられて、無事に生活出来ていることに感謝です☆  ここで、ロックダウン生活中でもウォーキングをしている上で気になったことをシェアします。    まずはマスクの意義です。みなさん、マスクはコロナ感染を防げる手段だと思っていますか?もちろんしないより、したほうがマシだと思いますが、N95のような医療マスクでない限り防護力は極めて低いです。では、なぜマスク着用を強く言われるのでしょう?それは自分がウイルスを保有している可能性を見越して、他人に移すことを防ぐためです。感染者がマスクをすることで他者に移すリスクはすごく低くなります。自覚症状がないまま普通に生活している人もおられるので、自分がその無自覚に当てはまるかもと考え、マスクをして外出することが1番の感染拡大を抑える手段になります。  そして、マスクをすると息苦しいのか、鼻だけ出して装着する人も見られます。これは感染予防の観点から見ても全く意味がないですし、他人に移してしまう可能性も上げています。そのため装着するときは鼻と口をちゃんと覆えるようにしましょう。  マスクは他人への配慮と思いやりの行為です。ロックダウン中にマスクを着けずに外出している人は、そうしたエチケットが欠けた人が多いので(健康上の理由などがある人もいると思いますが)なるべく避けるようにしましょう。自分がマスクを着けているから大丈夫という問題ではないのです。  次に、ソーシャルディスタンスです。一般的に2mは離れることを推奨されています。これはウイルスの飛沫距離を踏まえて計算されたものですが、風が強くふいている日や、雨の日を考えるとコンディションが変わってきます。また、エレベーターや、自分の隣をランニングで通過していく人と、2m以上の距離をとることが難しいケースも出てきます。これらの対策として、人と面と面で向き合わない体勢をとることが大事だと思います。相手の顔から背けるように身体をひるがえすようにします。こうすることがお互いの目、鼻、口からのウイルスの侵入を防ぐ手段になります。  最後にスーパーなどに行ったときの消毒です。これは自分が無

パンダの健康指導の巻

 7月29日


こんにちは。アーモンドクロワッサンを食べ過ぎて吹き出物に悩まされているパンダです。残り3つあるので、あと3日この吹き出物と戦いながらアーモンドクロワッサンを楽しみたいと思います( `ー´)ノ



前回少しふれましたが、ニュージーランドに来てはや6年・・・ちょっとした婦人科系の病気に引っかかってしまいました。そのためここ数週間、専門機関のお世話になっています(;・∀・)なかなか普通に生活していたらGP(クリニック)以外でお世話になることそんなにないですよね(^^; 

そのためニュージーの専門機関にかかるまでのプロセスが想像つかない方もいると思うので、今回は私が経験した流れをブログにしたためて、何かみなさんの情報の糧になれればなぁと思います。


まず最初に、ニュージーでは身体の不調を感じたらGP(総合診療科:クリニック)に行きます。だいたいここでまかなえることはGPドクターが全部するのですが、精密な検査や、専門的技術(手術など)が必要な場合、GPから紹介状を書いてもらえます。そしてそのあと各専門病院に個人で出向きます。

公立(国立)の専門病院だと永住権保持者は無料で受けることが出来ます。しかし重症度も考慮されますが、待機患者さんが多いため2カ月~1年は待たされると聞きました。パンダは幸運にも数カ月前に健康保険に入っていたため私立の専門病院を選択することができ、発症した4日後には精密検査を受けることが出来ました。


日本の感覚だと健康保険に入るのなんて普通じゃん!と思う方もいるかもしれません。しかしニュージーでは福利厚生が手厚く、実費でもGPの診察料が安い上に、薬代が無料で受け取れるシステムがあるため、健康保険の重要度が日本ほどないように思います。先ほども述べたように公立の専門機関だと時間はかかりますが無料ですし(^^;) そして、きつねさんも今回のパンダケースを重く見て、保険デビューしました('ω')


そして保険のいいところは診察の会計の際、すでに保険でカバーされる分を差し引いて提示されるところです。そのため面倒な代金請求をしなくてもいいのです(^^)v また、自分で専門機関(病院)を選ぶことができ、ドクターも選べます。


今回パンダがお世話になっている機関はきつねさんが吟味していつの間にか選んでくれた場所ですが、ドクター含めてみんな優しく、丁寧に説明と処置をしてくれます。そして患者さんも優しく、待ち合い中少々緊張気味のパンダに頻繁に声かけしてくれました( ;∀;)


色んなオフィスが入っているビルでした。駐車場スペースは広く、たくさんありました!


階段を上がっていくと表札発見!どこかのエステサロンを思わせる雰囲気です(笑)


人がいない隙を狙って撮った受付です。すごくきれいな施設で、お水も自由に飲めます。


ところどころにあるコーヒーテーブルにチョコがあります。いつも必ず1個は食べます(笑)



呼ばれて中に入っても病院らしさはなく、マダムのサロンを思わせる内装でした(;・∀・)コーヒーカプセルとエスプレッソマシーン設置されてるし!そのおかげか予想よりもリラックスできたかなぁと思います。


保険は本当に自由ですが、パンダ個人の意見としては、安全を買うためにも入ることをおすすめします。カバーされる内容がプランとお金によって違うため、自分に合ったプランを今一度検討してもらうのも手です。

もし保険に入っていなければ、大学どころではない支出が約束されていましたし、心の平安にも少なからず影響していたと思います。


なんだか保険会社の回し者みたいなブログになってしまいましたが、最近の出来事を含めてのシェアでした(;^ω^)


みなさん、健康第一!少しでも身体の不調や異変を感じたときはとりあえずでもGPに行ってくださいね。そこからGPと相談することが出来ますし、必要であれば保険に入っていなくても、公立病院への予約を早くするに越したことはないので(=゚ω゚)ノ


以上、人生って何が起こるかわからないなぁとしみじみ感じるパンダでした。


Dear friend, I hope all is well with you and that you are as healthy in body as you are strong in spirit.

コメント