パンダのワクチンパス義務終了のお知らせwith バターもち。の巻

  4月4日 こんにちは。 突然ですが、今日からニュージーランドではワクチンパスの義務付けが廃止されました!!とはいっても、企業側が起用を続けたい方針であれば継続可能なので100%どの施設も利用出来るわけではないのですが・・・。現に朝の散歩の際、通り過ぎる全てのカフェにはまだ、ワクチンパス提示喚起の広告が貼り付けられていました(´-∀-`;) また、かなりの職種のワクチン義務化が緩和されたのですが、空港で働く労働者や、きつねさんのような医療従事者の義務付けはまだ解除されていません。 私は今回の迫害と差別を通して、マイノリティ側として虐げられてきた人たちの気持ちが塵ほどですが経験することが出来、忍耐の二文字を身をもって学ぶことが出来ました。 言うてスーパーマーケットなど生活必需の施設は不自由なく利用出来ていたので、明日生きるか死ぬかの選択に迫られるほどの緊迫さはなかったのですが、人権を無視するような制限をかけられ、ワクチンパス提示ポスターが貼られているお店を見ると、かつてアメリカで黒人差別が常識として横行していた時代の”white only”(白人専用)と書かれているポスターを見ているようで、ちょっと惨めな悔しい気持ちになったのも事実です。 ニュージーも少しずつ感染者の減少傾向が見られるとはいえ、コロナがなくなったわけではなく、国境も5月には大きく開ける感じなので政策がどうなっていくかわかりません。またワクチンパスが再開するか、もっと厳しい管理体制を取られる日がくるのか・・・。今回の学びをまた来るであろう荒野の時の糧にしたいと思います。 今日はそんな時期に友達家族の家に招待されたときに振舞ってもらい、美味しかったので家でも試行錯誤して3回くらい作ったバターもちの紹介です(=゚ω゚)ノ バター餅と聞くと秋田名産の黄色っぽい切り餅を想像する人もいるかもしれません。しかし、今回ごちそうになったバターもちはハワイ版のバターもちで見た目はプリンケーキみたいでもち感はなかったのですが、食べてみるとすごくジューシーで柔らかいもっちりしたバターの風味が漂うケーキという感じで、衝撃的に美味しかったです!! そんなハワイのバターもちを調べてみると・・・ ハワイでは、アジアからの移民によって持ち込まれた餅がハワイ住民や日系人たちに人気であり、特にbutter mochiまたはBibinka

キツネさん、「診療所はじめました」の巻

 11月25日


こんにちは。Kマートで買ったシーツのサイズが合わずに交換したにも関わらず、ぱっつんぱっつんでテンションだだ下がりのパンダです。Kマートのシーツはマジでおすすめしません(;'∀') 表記サイズと実際のシーツのサイズが違うという(;´Д`A ```


そんなゆるい日常を送りながら、私たちキツネとパンダは考えました。政府の義務化により働くことが制限されている(1週間後には飲食店や美容院の利用も制限される)私たちが出来ることを。むかしから自分のクリニックを持ち、自分のペースで患者さんに寄り添いたいと考えていたきつねさん。直接患者さんと会うことが出来ないというハンデはありますが、作ってみることに意義があるかも!


ということで、Drきつねがこのたび電話診療クリニックを始めました(/・ω・)/


ウェブサイトも作りました!

http://parkmedicalnz.com


きつね電話診療のメリット☆

・予約の必要なし

・待ち合いなし

・わざわざクリニックに行く必要なし

・比較的安い

・終始、日本語、韓国語、英語で会話が出来るのでストレスが軽減

・ニュージーランドどこででも診察を受けることができる


きつね電話診療のデメリット☆

・医師による外科的処置を希望できない

・触診が受けられない

・face to face特有の安心感を得られない

・現在まだACCのシステムが使えない


作ったばかりなので、どれだけ需要があるかわかりませんが、毎日200人前後のコロナ感染者数を記録しているニュージーランド。traffic light systemや国境を順次開けていくことで、さらにその数は増加することが予想されます。その中でクリニックに行くこともストレスになりうるでしょう。そんな状況の中で、必要としている方たちに安心して利用してもらえたらなぁと思います(*^^*)




Do what you feel in your heart to be right - for you’ll be criticised anyway. 


コメント